vol.186 菌ちゃん野菜応援団 vol.7

今年の夏は暑かった!!


あまりの暑さに我が家の庭からは、日中に限りとはいえ蚊が姿を消し(普段の夏は殺人的に飛び交ってます)、畑の野菜もぐったり。それでも盛夏を過ぎたあたりから元気を盛り返した野菜たちの生命力に何度も勇気づけられました!

いくらやっても水やりが追いつかない、と農家の方も泣いてました。こんなに暑い日が一体いつまで続くのか、とうんざりしていたけれど暦は確実に移り変わって、今は朝晩はヒヤッとするくらいです。夏野菜を片付け、冬野菜に向けてせっせと畑支度。そのときに活躍するのがなんと家庭から出る生ゴミちゃん!なのです。

生ゴミの分解方法はたくさんありますが、その中でも割と知られているのをいくつか紹介しますね。
1つ。家庭用生ごみ処理機を使って乾燥もしくは微生物分解させる。
2つ。バケツにぼかしと一緒にため込み、ある程度貯まってから土に返す。
3つ。ダンボールコンポストなどを使って微生物分解させる。
4つ。そのまま土に穴を掘ったりぼかしと混ぜ合わせて戻す。


どのやり方も一長一短ですが、最終的に土に戻すのは一緒。
それをすることで土がフカフカになり、空気や微生物をたくさん含んだいわゆる団粒構造の土になります。
生ゴミに限らず微生物たっぷりの土で採れたお野菜を、私たちは「菌ちゃん野菜」と言っているんですね。そしてなんと私は「菌ちゃん野菜アドバイザー」(2年かかりますが・・・)の資格を取ることに。(^_^)b
皆さんで楽しめる畑も新たに借りられることになりました。これまでどこでやっているのか、どこで手に入るのかわかりにくかった私達の活動や野菜たち。

来年からは希望者の方とどんどん一緒に畑をやっていきたいと思っています。一人ではやれないし〜、なにからやっていいのかわからないし〜、と二の足を踏んでいたそこのあなた!
畑なかま募集中ですよ〜!!一緒にやりませんか??
詳細は 070-2626-6675 各務までお問い合わせくださいね。





About Niramkko



にらめっこ


〒504-0855:岐阜県各務原市蘇原新栄町2-25
TEL・FAX

058-383-8666
Email

info@niramekko.com
情報誌情報

創刊:1987年
発行日:偶数月の第4月曜日
発行部数:22,000部

配布地域

岐阜県各務原市、岐阜市、関市、可児市、大垣市
設置場所

幼稚園、図書館、児童館、郵便局、教育関係などの公共機関、 大手スーパー、スポンサー様の窓口