vol.181 菌ちゃん野菜応援団 第2話

今回は土は癒しなのか?というテーマについて。
よく自分で育てた野菜は美味しい!土とふれあっていると元気になる、といいますね。
あれは果たして本当なのでしょうか??というお題です。

何をかくそうわたしは。。畑に二時間行けばそのあと半日はソファでひっくり返るし、せっかく育てた野菜が食べられなくて枯らしたり。そんなこといくらでもあります。スーパーの野菜はきれいだけど、自分で作ると土が付いていたり(当たり前だ!)少し虫食いがあったり(これも当たり前)。それが気持ち悪くて食べる気にならなかったんです。

 そもそも生ゴミを土に入れて土作りしたりしてるので果たしてこれは食べていいのか??なんて思っちゃったりしたんですよねぇ。。だからせっかく収穫したカボチャを腐らせたりジャガイモを放置して青く日焼けさせたり。なんてもったいない!!ということをたくさんしてきました。
でも今は違いますよ。
畑に行けば元気になるし、収穫したお野菜はもりもり食べるし。生ゴミは当たり前にちゃーんとコンポストへ分別するようになりました。
どれだけ失敗したっていい。
人はいつからでも変わっていけるんだなぁと実感してます。先日は植えてないのに実った稲!!そんなありえないような実り方をした稲をみんなで手刈りしました。
 ザクザクっとした稲の感触、たわわに実ったお米を持って大人も子どもも大興奮。
少し干したら足踏み脱穀機で脱穀をする予定です。
どんなお米になるのかなー。寒くなる前にお芋も掘らないとならないし。。

日々、畑仕事に追われてます、でも楽しい。畑には癒し効果はあるのか?ある!と今の私は断言できます。

さて、明日は何をしようかなー??

 





About Niramkko



にらめっこ


〒504-0855:岐阜県各務原市蘇原新栄町2-25
TEL・FAX

058-383-8666
Email

info@niramekko.com
情報誌情報

創刊:1987年
発行日:偶数月の第4月曜日
発行部数:22,000部

配布地域

岐阜県各務原市、岐阜市、関市、可児市、大垣市
設置場所

幼稚園、図書館、児童館、郵便局、教育関係などの公共機関、 大手スーパー、スポンサー様の窓口