VOL.149 アクティバ  「いきる「散骨祭」に想う」

【いきる】 7月15日(日)散骨祭(双六川)

「長年離れて暮らしていて、父と娘という記憶は薄かったけれど、病気をきっかけに、父の生き様に触れて、あー、自分もこんなふうに死にたい。」そう語ってくれた彼の娘・Mさん。葬儀から8ヶ月後の7月15日、友人らが散骨祭を企画した。追悼文集も発刊された。

その日、前日からの大雨警報がうそのように晴れた。双六川という渓流釣りのメッカに遺骨の一部をまいた。イワナよ、喰らえ!とばかりに投げる人。静かに水辺に溶かし込むようにまく人。彼と交流の深かった方たちに私も加わらせてもらい小さな白い彼の欠片を川に放った。ありがとう!声にならない声が自分の胸を突き上げた。渓流の音とギター演奏で追悼の歌を捧げたのも彼の友人。彼を取り巻く人たちのなんて温かいことだろう!01「彼は完全燃焼した」ということばを追悼文集の中から見つけたとき、彼は新聞記者魂を貫き見事に生きたんだ、と思った。生前準備講座でたびたび使う絵本『わすれられないおくりもの』の主人公のように、彼はいつまでも私たちの心の中で生き続けるだろう。
「死」を真正面からとらえ受容したときから本当の人生が始まる…そんな気がしてならない。今を生きる!強い想いを抱いて帰路についた。

 

【たべる】7月26日(木)無農薬・有機野菜試食会 川辺町クリーン古里つくりの会

アクティバで初めて自然農法の勉強会を行ったときの講師
桃井氏から川辺で採れた無農薬・有機野菜の試食会のご案内をいただき、さっそく取材にでかけました。会場は満員!テーブルの上には24種類もの料理がずらり!一例を挙げると・カボチャの豆腐サラダ・三度豆のピーナッツみそ和え・キュウリと桜エビの塩炒め・そらまめご飯・青ジソジュース・野菜スープ・じゃがいものカレー炒め、などなど。

たべる

9月16日9:00現地集合 雨天順延
稲刈り体験会

参加・希望者 大歓迎
参加費1,000円(アクティバ米のおにぎり2個・漬け物・冷茶付)
小学生以下は無料(おにぎりセットはついておりませんので、希望される方はあらかじめご予約ください)

・9月30日(日) 脱穀
・10月6日(土)10:00〜腐葉土集め
・ 12月15日(土)10:00〜

★ 天候や稲の生育状況で日程が変更になる場合もあります。事前にお問い合わせください。

・ 今年で3回目の収穫です。一生のうち何度田植えができるだろう?何度稲刈りができるだろう。一年に一回づつ。だからこそ、気持ちを込めて取り組みたいもの。仲間がいるからこそできること。あなたも自然農法の米作りに参加しませんか?
腐葉土を田んぼに漉き込む。
その後「食」勉強会
アクティバの田んぼは、無農薬栽培ですが、無施肥ではない。昨年は収穫した後のわらを漉き込みました。今年は腐葉土を漉き込んで「土の力」をさらにパワーアップをもくろみます。土づくりに3年。今年がその3年目です。土に力が付けば、作物はしっかり育つはずです。楽しみ〜

腐葉土とは…腐植土ともいうが、厳密に言うと土ではない。長い年月をかけて自然が作り出す天然の肥料。植物由来の有機物が堆積し、発酵が少し進んだ状態のもの。それを資源としてバクテリアなどの微生物やミミズなど大小さまざまな土壌動物による生化学的な代謝作用により分解されて土状になったもの。

いきる
10月6日(土)10:00〜
腐葉土集め
13:00〜「生前準備講座」
2013 年(予定)
・1月 外部講師を招き勉強会を行います。
参加ご希望の方は事業部まで
生前準備は今やトレンディー。映画「エンディングノート」で一躍脚光を浴びました。アクティバが編集・発行した『ゼロの昇天』はまさに生前準備ノートです。まだまだ実感が持てない、寿命を迎えて自然に…という希望をもつ方が多いのが現状ですが、人生にハプニングはつきもの。しかも寿命は人それぞれに違います。人生に絶対があるとしたらそれは「死」。生=死とも考えられます。「ノートに書き込むこと」は死を真正面から向き合い積極的に生きることに繋がります。その延長線上に、「生前準備」があると考えます。
明るく愉しく自分のエンディングをとらえ準備をするための勉強会です。

いきる・キャプション
定価 650円 会員価格 600円
骨つぼ作り・会員は染め付けまで楽しみました。
遺影撮影会・アクティバが各務原市より請け負い全10回コースの生前準備講座にて

あそぶ
ボサノヴァ・お月見・ピザ・ワイン…
♪そ〜ゆう、ひととき♪
11月3日(土) 17:00〜21:00 Open Style
場所:アートギャラリー是(武芸川温泉西200m 0575-46-38780575-46-3878
会 員/3,500円 非会員/5,500円(その場で会員になることもできます
入会金1,000円 年会費5,000円)
Food,Drink Free

お月さまを眺めながら、ボサノバのリズムに身を任せ、石釜で焼きたてピザに舌鼓、そしてワイン…そんなひとときを企画しました。あなたの都合のいい時間にお越しください。大人な雰囲気で、会話を愉しむもよし、ひとりデッキで過ごすもよし。「ゆったりとした時間を共有する」それが今回のアクティバの「あそぶ」想いです。

※アクティバ通貨
アクティバでは、「たべる」「いきる」「あそぶ」各活動に参加された方に、通貨を配布しています。通貨は2種類。労働系(「たべる」の田起こし、田植え、など一連の作業)には5文。とサロン系(「いきる」「あそぶ」)は1/2文。1/2文を5枚集めると5文となります。
この通貨は、アクティバ米を購入することが出来ます。いっぱい集めて無農薬・無施肥のお米をゲットしよう!
陶製の通貨です。
お問い合せ NPO法人「人生これから」アクティバ事業部
〒504-0855 各務原市蘇原新栄町2-25(ミニコミ紙「にらめっこ」内)
TEL/FAX 058-383-8666(担当・三上)
e-mail/ info@niramekko.com
アクティバはHP:niramekko.comのトップページから検索できます。





About Niramkko



にらめっこ


〒504-0855:岐阜県各務原市蘇原新栄町2-25
TEL・FAX

058-383-8666
Email

info@niramekko.com
情報誌情報

創刊:1987年
発行日:偶数月の第4月曜日
発行部数:22,000部

配布地域

岐阜県各務原市、岐阜市、関市、可児市、大垣市
設置場所

幼稚園、図書館、児童館、郵便局、教育関係などの公共機関、 大手スーパー、スポンサー様の窓口