vol.188 菌ちゃん野菜応援団 vol.9

毎日寒くてお部屋から出たくありませんよねー!!!我が家のにゃんこも毎日のように私の布団のなかに入ってきてはスヤスヤ寝ています。
さて、菌ちゃんたちも寒いのは苦手なようで、段ボールコンポストも外では発酵しない季節になりました。我が家は家族が多いので毎日けっこうな量の生ゴミが出るんですが、それを段ボールのなかに投入してよく混ぜると。次の日ホカホカ湯気を立てながら菌ちゃんが生ゴミを分解しているんですよねぇ。
基本の大きさのコンポストで約60キロもの生ゴミを分解できると言うのだから驚き‼

いろんなタイプの生ゴミ処理器を導入しましたが、家庭内で処理できるという点で見れば一番続いているのがこの段ボールコンポスト。先日講習を改めて受けて、例えば身体の具合が悪い人がゴミ捨てに行けなくても家の中に生ゴミがたまらない、有事のときに最悪簡易トイレになる等々、なるほどー、と思うことがたくさんありました。

 核家族や独り暮らし世帯が増え、ゴミ捨て一つ大変な人がいること、昔のような汲み取り式トイレが減り、多くの世帯が水洗になっていること。今の社会は便利だけど、同時に何かのときに簡単には動きのとれない危うさも秘めているんだなぁと普段は気づかない分野にも想いを馳せました。
消費者である私たちからすると、一見汚いものを分解していく菌とはできればかかわりたくないと思われる方も多いのかもしれませんが、環境のこと、健康のこと、様々な分野で活躍している微生物である菌ちゃん。私たちはもっともっと菌ちゃんと仲良くしていけると良いのかもしれませんね。
ちなみに段ボールコンポスト内の菌ちゃんは寒いのが苦手だけど、地球上にはどんな環境でもたくましく生きている菌ちゃんはたくさんいます。かの福島でも菌ちゃんは放射能除去に大活躍しているんですよね。

これからの時代は菌を排除してはいけないのかもしれないなぁ、などと思ったりしています。文章と関係なくなっちゃったけど、じゃがいもほりの写真。寒いけど子どもは元気だ〜。





About Niramkko



にらめっこ


〒504-0855:岐阜県各務原市蘇原新栄町2-25
TEL・FAX

058-383-8666
Email

info@niramekko.com
情報誌情報

創刊:1987年
発行日:偶数月の第4月曜日
発行部数:22,000部

配布地域

岐阜県各務原市、岐阜市、関市、可児市、大垣市
設置場所

幼稚園、図書館、児童館、郵便局、教育関係などの公共機関、 大手スーパー、スポンサー様の窓口